U-24日本代表のMF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が3人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

堂安は2列目の右で先発出場を果たしたが、試合を振り返り「ガーナよりも強度が高かったですしA代表だったので強かったですけど、ちょっとキツかった時間帯に点が取れたのはよかったですし、後半は相手もバテて3点取れました」と効果的に得点を取れたことを評価。一方で、「ラスト20分、15分で少しプレスが弱くなりましたけど、それは仕方ないし、4-0で勝っている状況もあったので、もし自分がピッチが立っていればという目線でベンチから見ていて、もう1つ前線の選手を含めてギアを上げられたらなと思っていました」と、終盤にもギアを上げられたら良かったと振り返った。

その堂安はチームの4点目を記録。ゴールシーンについては「相馬くんから良いボールが来て、ごっつぁんと言えばごっつぁんです」と振り返り「選手にとってゴールは一番自信になるので、どういう形であれ、シーズン最後の試合なので少し休む前に点取れて終われたこと、ブンデスリーガから3試合連続でゴールを取れたのはフィーリング的には良い形でオフに入れると思います」とし、クラブでの試合から連続でゴールを奪えていることを喜んだ。

ごっつぁんゴールでもそのポジション取りが良くなっている点については「中に入ろうが右に入ろうがゴール前に入るのは変わらないので、ごっつぁんゴールがもう少し増えれば良いと思います」とコメント。良い位置に入り、ゴールを狙いたいと語った。

U-24ガーナ代表戦、ジャマイカ戦と攻撃陣は良さを見せたが「自分たちが上手く縦パスを入れられない時間帯が今日ももちろんありましたし、初心に戻りますけど、個で打開することは大事だと思っています」とコメント。「最後一対一になったシーンで抜き切るシーンだったり、受け手が剥がして味方の選手がいるというのは大きいので、そういったシーンは個々の能力でお互いできればと思います」と語り、本大会に向けては局面でのプレーが大事になると語った。

この試合でも縦パスを積極的に要求していたが「航くんとはA代表を含めて長い時間やってきていて、どうして欲しいということは多く喋らなくても理解し合っています」と遠藤航からは良いパスが出てくるとコメント。一方で田中碧に関しては「碧とは今回初めてだったので、特徴も少しずつ理解しながらです」と連係面を高めたいと語りながらも、「彼は足元に少し詰まっていても縦パスを入れられるので、相手が分かりづらくチームメイトが分からないといけないというシーンもあるので、そこはコミュニケーションを取らないといけないと思います」と、高く能力を評価し、もっとタイミングを理解したいと語った。

全体的な連係面では「正直なところ、オーバーエイジを含めてA代表でやってきている選手が多いので、そこまで大きな差があるということはないです」とコメントする一方で、「前半だと(前田)大然くんだったり、後半だと(上田)綺世が入った時というのは、まだまだ合っていないシーンが自分的にも、相手もあると思いますし、そこは合わせないといけないと思います」とトップに入る選手とのプレー機会が少ないことはまだ不安材料としてあるようだ。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら