U-24日本代表のMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合では3-0で日本がリードした60分からピッチに立った相馬。「気持ちというのは僕は常に持ちながら戦うタイプなので、気持ちは入っていましたが、3-0でリードした状況で試合に入ったので、追加点を狙いながらもしっかりゼロで終えるということを意識しました」と語り、ウイングバックの位置に入った。

ベンチから見ていた前半のイメージは「まずは相手がギリギリまで蹴らないで繋いでくる印象があったので、プレスをかけて取った時は結構カウンターのチャンスなのかなと思っていました」とコメント。「自分が入るタイミングからフォーメーションを変えて3バックにしたので、そこはそのままマッチングした感じではなかったですが、ボールを奪い切った所のカウンターというのはチャンスだったと思います」と語り、前からのプレスでチャンスを生み出せると考えていたようだ。

この日は[3-4-2-1]の左ウイングバックに入ったが「コミュニケーションだと思いますが、瀬古(歩夢)選手から首振ることもそうですが、行って良いという声掛かった時は、取りに行った時に取りきる自信はあるので、行こうと思っていました」と語り、後ろとの連係で強めに前からプレスに行くことができたと振り返った。

守備でも良いところを見せた相馬は64分に堂安のダメ押しゴールをアシスト。あのシーンについては「最初ループシュートしようかドリブルで行こうか迷って、ドリブルを選んだんですが、相手のGKまでギリギリまで来たので、一番の理想的には抜いてそのまま決めてという感じでした」と最初はゴールを狙ったと明かした。それでも「それができないとなって、そこで律がしっかり良いポジションを取って、なるべく早くパスをつけようとしました」と語り、しっかりと切り替えてアシストできたと語った。

強引にシュートに行きたくなるような場面だが「チームが点を取ることが一番なので、あそこで自分が打つ確率よりも、律に出してシュートを打ってもらう確率が高いと思ったので、出しました」と語り、チームプレーに徹したと明かした。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら