U-24日本代表のDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合への思いについては「まず自分のやるべきことをしっかりやるということと、ポジションもサイドバックだったので失点を絶対しないという意識を持っていました」とコメント。守備の意識を高く持ったとした。

自身のプレーについては「どのポジションでも僕は結果を求めていたので、ゴールやアシストができなかったので、そこに関してはすごく悔しい思いはあります」と語り、目に見える数字を残せなかったことを悔やんでいるとのこと。それでも「ただ試合を重ねていくにつれて、自分のやりたい攻撃に行きたい場所は、チームメイトにわかってもらえていたので、そこは凄く良くなった部分かなと思います」と、チームメイトとの連係を含めて、良くなっていっている手応えがあると語った。

この試合では久保に入れるパスから決定を迎えるなど、攻撃面でも貢献していたが「僕自身、ボールを持っている時は前の選手を生かさないといけないですし、CBやボランチの選手に僕を生かしてもらう動きをしないといけないので、そういったところでは、A代表と試合した時と比べると凄く良くなっていると思います」と、この合宿で、攻撃面も改善されているとのことだ。

オーバーエイジの3人とも一緒に試合をしたが「凄く楽しく今日の試合はできましたし、多少緊張はありましたけど、OAの選手やA代表に関わっている選手と一緒のピッチに立ってプレーできたのは、僕自身楽しくプレーできました。よかったなと思います」と語り、ピッチ上でもその違いを感じた様子だ。

ここから東京オリンピックの最終選考がスタートする。「この間の試合は中山選手がサイドバックをやっていて、どちらかというと守備が強いタイプだと思いますが、僕は攻撃で違いを見せないといけなかったので、攻撃参加や自分が持った時のパスをすごく意識していました」とコメント。「今日は最後の試合だったので、公式戦の中で自分の表現したいことができたのはよかったです」と語り、自分がやりたいことを示せたと語り「後悔してもしょうがないことなので、僕が今持っている力は出し切ったと思います」と、あとは待つのみだと語った。

攻撃面といえば、フリーランニングでのチャンスメイクを何度もしていた旗手。「サイドバックをやっていて、ボールを持っていない時の動きというのは、凄く重要になりますし、自チームだと登里選手がそういったプレーをしていて、僕はそれを見て自分の持ち味にしていくということを意識してやっている」とコメント。「今日は人に食いつくチームだったので、サイドハーフの選手が中に入った時に自分がオーバーラップするとか、そういったことを意識したのがよかったと思います」と、チームでサイドバックを務める登里享平から学んでいるところだと語った。

また食いつく相手に対しては「フリーランで自分がボールもらえればいいですし、味方の選手をフリーにさせる動きもできていたので、そういった部分はJリーグとは違って世界は個が強いと思うので、そういったときに自分のフリーラン一本でもらった選手がフリーでもらえたり前を向けるプレーができるのであれば、そういったプレーをどんどん出していかないといけないと思います」とコメント。チーム2点目の遠藤のゴールも旗手のフリーランによってコースが空いたが「その前に1つ久保選手が同じような位置でボールを持ったときにオーバーラップして、僕がボールをもらってシュートを打ったシーンもありましたが、大外で自分が走れば、ボールを持っている選手が選択肢が2つ、3つと1つ多く選択肢を持てるので、そういったところで僕自身がもらえればラッキーですし、遠藤選手がゴールを決めてくれたので、あれはあれで僕的には考え通りのプレーだったので、あのフリーラン1本でゴールが生まれたのはよかったと思います」と語り、自身のフリーランが生きたいシーンを喜んだ。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら