オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の理由を明らかにした。

今月限りでリバプールとの契約が切れるなか、新天地としてバルセロナが有力視されたワイナルドゥム。その間にオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の続投も決まり、ワイナルドゥムのバルセロナ加入も時間の問題とされた。

だが、つい最近になり、PSGがバルセロナと比較して2倍以上の給与を含む3年契約でオファーとの報道が浮上。ワイナルドゥムは一転してPSG入りに心が惹かれ、合意に至ったといわれると、10日に報道どおりに3年契約でのパリ行きが正式決定した。

そんなオランダのダイナモは13日に行われるユーロ2020グループC第1節のウクライナ代表戦を前にPSG入りに心変わりした理由を問われると、「難しい選択だった。バルセロナとは4週間にわたり、交渉したが、合意に至らなかったんだ」と説明を続けた。

「PSGの方が素早く、彼らのプロジェクトもより説得力があったんだ。正直、僕はバルセロナに移籍するもんだと思ってもいた。というのも、最初に興味を示してくれたのは彼らだけだったからね」

「PSGもバルセロナも本当に素晴らしく、どっちも自分がプレーしたいと思うクラブだ。そのなかで、ユーロが開幕する前に決断したく、最終的にPSGを選ばせてもらったんだ」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら