ユーロ2020グループF第2節のポルトガル代表vsドイツが19日に行われ、2-4でポルトガルが勝利した。

前回王者ポルトガルと最多3度の優勝を誇るドイツが、ドイツのフースバル・アレーナ・ミュンヘンで激突した一戦。

初戦のハンガリー代表戦を3-0と快勝したポルトガルは、前節と同じ先発メンバーを起用。最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]の布陣で、2列目は右からベルナルド・シウバ、ブルーノ・フェルナンデス、ジョタが並んだ。

一方、初戦でワールドカップ王者のフランス代表に惜敗したドイツも、前節と同じ先発メンバーを採用。最前線にニャブリを据え、ハヴァーツとミュラーを2シャドーに並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。

強豪国同士の一戦は、立ち上がりからボールを保持するドイツが早い時間にネットを揺らす。5分、右サイドで受けたキミッヒがアーリークロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだゴセンズがジャンピングボレーでゴールネットを揺らした。

このゴールでドイツの先制かと思われたが、ゴセンズの前で飛び込んだニャブリがオフサイドの判定となり、ゴールは取り消された。積極的な入りを見せるドイツは、10分にもハヴァーツのミドルシュートがゴール右隅を捉えたが、これはGKルイ・パトリシオの好セーブに弾かれた。

押し込まれる時間の続いたポルトガルだったが、カウンターから最初のチャンスで試合を動かす。15分、自陣CKのセカンドボールを拾ったベルナルド・シウバが右サイドを持ち上がると、中盤から対角にロングパスを供給。これをボックス左で収めたジョタがGKを引きつけて中央に折り返すと、最後はC・ロナウドが無人のゴールに流し込んだ。

先制されるも6割程度のボールポゼッションを維持するドイツは、両サイドを経由し何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定的な場面を作り出すことができない。それでも35分、キミッヒの右クロスからボックス左でフリーのゴセンズがダイレクトクロスを供給すると、ルベン・ディアスのクリアミスがゴール右隅に突き刺さった。

同点弾で勢いづくドイツは、39分にもミュラーの左クロスをゴール前に抜け出したハヴァーツがフリック。ゴール右に逸れたボールをキミッヒがダイレクトで折り返すと、ブロックに戻ったラファエウ・ゲレイロに当たったボールがゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、1点を追うポルトガルはベルナルド・シウバを下げてレナト・サンチェスを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはドイツだった。51分、右サイドから細かなパスワークで中央に切り込むとミュラーのパスをボックス左で受けたゴセンズがダイレクトクロス。最後は走り込んだハヴァーツが難なくゴールに流し込んだ。

さらにドイツは60分、キミッヒの右クロスをファーサイドでフリーのゴセンズがヘディングシュートを突き刺し、4点目。直後にドイツはゴセンズとフンメルスを下げてハルステンベルクとジャンをピッチに送り出した。

3点差をつけられたポルトガルは、67分に反撃。左サイド獲得したFKからモウティーニョがクロスを供給すると、ゴールエリア右に駆け上がったC・ロナウドの折り返しをジョタがゴールに押し込んだ。

1点を返したポルトガルは、79分にもショートコーナーからボックス左手前でボールを受けたレナト・サンチェスが左ポスト直撃の強烈なミドルシュートでドイツゴールを脅かす。

その後も一進一退の攻防が続いたが、最後までスコアは動かず。前回王者から4得点を挙げたドイツが今大会初勝利。一方のポルトガルは、1勝1敗とし3戦目のフランス戦に臨むことになった。

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権、WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら