イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(36)がユベントスとの再契約を明言した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

2005年夏にフィオレンティーナから加入したキエッリーニは、そこから16年間ユベントス一筋。ここまで公式戦535試合に出場し、36ゴール24アシストを記録している。

また、先日のユーロ2020ではキャプテンとして5試合に出場。決勝でも先発出場を飾っており、母国を53年ぶりの優勝に導いた。

そんなキエッリーニは、6月でクラブとの契約は満了を迎えて現在はフリーとなっている。しかし、ユーロ優勝のセレモニーに参加した際に新契約について言及。来季もユベントスでプレーすることを明らかにした。

「先月の出来事から回復するためにあと数日の休息が必要だ。でも月曜日にはトリノに着いて、また再スタートを切れることを嬉しく思うよ」

「代表チームのキャプテンとしてトロフィーを持ち上げることなんて、夢にも思わなかった。自分の街でサッカーができるだけで十分幸せなのに、その最高の夢さえも超えてしまったね」

「まだトロフィーを掲げたい。あの優勝のせいでまたハングリーになってしまった。それに、胸にスクデットのマークがないユベントスのユニフォームを着ることで、さらにモチベーションを高めることができるからね」