1日にプレシーズンマッチのアーセナルvsチェルシーがエミレーツ・スタジアムで行われ、1-2でチェルシーが勝利した。

アーセナル、チェルシー、トッテナムの3クラブとメンタルヘルス関連の慈善団体である『マインド』とが協力し“マインドシリーズ”と銘打たれたプレシーズンマッチ。

ここまでプレシーズンマッチ1勝1敗1分けのアーセナルは、最前線にラカゼットを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からペペ、スミス・ロウ、オーバメヤンと並び、ダブルボランチにパルティとエルネニーを起用。最終ラインは右からチャンバース、ホールディング、パブロ・マリ、ティアニー、GKは守護神レノで試合に臨んだ。

一方、プレシーズンマッチ2連勝中のチェルシーは、これまで同様に[3-4-3]の布陣を採用。GKはメンディ、3バックはチャロバー、ズマ、リュディガーが並び、ハドソン=オドイとプリシッチがウイングバック、中盤にコバチッチとロフタス=チークを配置し、ハヴァーツ、ヴェルナー、ツィエクの3トップという布陣を組んだ。

プレシーズンらしくゆったりとした立ち上がりを見せると、互いに決定機がないまま時間が経過。膠着状態が続く中、チェルシーは最初の決定機で先制する。

27分、自陣からのロングパスを前線でヴェルナーが収めると少し持ち上がりラストパス。このパスでDFの裏抜け出したハヴァーツがボックス内まで持ち込み、冷静にゴールネットを揺らした。

1点を追うアーセナルは31分、敵陣で味方がパスカットしたこぼれ球を拾ったスミス・ロウがペナルティーアーク内まで持ち込みシュート。しかし、このシュートは右ポストを叩いた。

反撃ムードの漂ってきたアーセナルだったが、35分にアクシデント。プレー中に右足首を痛めたパルティがピッチに座り込むと、一度は治療を受けてピッチに戻ったが39分に再び座り込んでしまい、そのままピッチを後に。40分にジャカが緊急投入された。

するとチェルシーは、直後の42分に敵陣からのボール奪取でカウンターを仕掛けるとヴェルナーのパスをボックス左で受けたツィエクが左足を振り抜いたが、これは右ポストに嫌われた。

迎えた後半、アーセナルはホールディングを下げて新加入のホワイトを投入。対するチェルシーは、ヴェルナー、ハヴァーツ、ズマ、リュディガーを下げてエイブラハム、ザッパコスタ、D・スターリング、マラン・サールをピッチに送り出した。

後半も一進一退の時間が続く中、チェルシーは54分に決定機。プリシッチのロングパスで抜け出したツィエクが飛び出したGKをかわしゴール前まで持ち上がったが、シュートは守備に戻った相手DFのブロックに阻まれた。

対するアーセナルは55分、オーバメヤンがペナルティアーク手前で倒され手獲得したFKから、ラカゼットが直接ゴールを脅かしたが、これはGKメンディのファインセーブに防がれた。

膠着状態が続く中、アーセナルは69分にセットプレーから同点に追いつく。ペペの左CKからボックス中央のジャカがヘディングシュートを叩き込んだ。

追いつかれたチェルシーだったが、すぐに相手のミスから勝ち越しに成功する。72分、相手が最終ラインから繋ごうとしたところにババがプレスをかけると、ベジェリンのミスパスをボックス内で奪ったエイブラハムが冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。

81分、ロングパスでボックス内に侵入したペペがボックス右から折り返すとジョー・ウィロックがダイレクトシュートを放ったが、クロスバーの内側に当たったシュートは真下に落ちるもゴールラインを越えず。

結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。チェルシーがプレシーズンマッチ3連勝を飾った。

アーセナル 1-2 チェルシー
【アーセナル】
ジャカ(後24)
【チェルシー】
ハヴァーツ(前27)
エイブラハム(後27)