ボローニャは1日、上海海港からオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かしていないが、『Transfer markt』によれば2023年6月30日までとのことだ。

トゥベンテでプロデビューしたアルナウトビッチは、ブレーメンやストーク・シティ、ウェストハムでのプレーを経て、2019年7月に上海海港(元・上海上港)に加入。上海海港では在籍1年半で、公式戦39試合に出場し20ゴール4アシストを記録していた。

なお、アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレーしており12年ぶりのセリエA復帰となる。