エストリルは2日、マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。

ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。

移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。

リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わっていた。

エストリルは2018年から2部での戦いを強いられていたが、昨季は優勝して昇格。4シーズンぶりに1部リーグへと戻ってきている。