カンテラ時代から21年間も過ごしたバルセロナを離れ、花の都・パリへと移住したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、その生活にはまだまだ慣れていないようだ。

今夏、バルセロナを突如退団。クラブ、そしてメッシも望んでいない形で袂を分かつと、パリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍。初の移籍を果たしていた。

これまでの出場は2試合。しかし、ここまでゴールは決められず、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦ではブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペと共演も不発に終わっていた。

キャリア初の移籍となったメッシだが、バルサ時代の同僚であるネイマールやアルゼンチン代表の同僚であるMFアンヘル・ディ・マリア、MFレアンドロ・パレデスもおり、指揮官も同胞のマウリシオ・ポチェッティーノ監督と知った顔が多い状況だ。

しかし、現在も自宅がなくホテル「ロイヤル・モンソー」で過ごしており、喧騒の中で過ごしている状況だ。

ただ、バルセロナ時代には海も近く、風景も良いカステルデフェルスに住んでいたこともあり、新たな家も同じような環境を求めているが、簡単には見つからない状況だという。

そん7か、チームメイトであるディ・マリアがアルゼンチン『Ole』でメッシの様子についてコメント。家を探しており、仲間と一緒に過ごせることも重要だと語った。

「近くで何かを探しているようだね、リー(レアンドロ・パレデス)は、ここから50mぐらいのところに住んでいるし、このあたりにいれば仲間と食事もできる。より快適だろう」

「妻はアント(アントネラさん)とよく話をしているし、子供たちは僕の子供と同じ学校に通っている」

「チロは3歳で、僕の娘と同級生なんだ。とても仲良しだよ」

ただ、やはり現在の環境にはうんざりしているとのこと。周囲の人たちの影響ではないものの、辛そうだと語った。

「彼は自殺したいと思っているだろう(笑)。これが初めてのことだし、それは全くもって簡単ではないね」

「レオが家に帰って食事をするときは、いつもバイクや車がいる。信じられない数だよ」

「ここの人たちはとても敬意を表していて、この辺りの広場に行くと、放っておいてくれるんだ。レオを連れてきたからには、どこにも行けないよ(笑)」

同じく今夏の移籍市場で話題をさらったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。東京ドーム2個分の敷地がある自宅に住んでいたが、セキュリティなどの面から1週間で引っ越したとのこと。メッシも早く落ちつける場所を見つけて、パフォーマンスを上げられるだろうか。



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら