レバークーゼンのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスが1カ月ほど戦列を離れるようだ。レバークーゼンを率いるジェラルド・セオアネ監督が明かしている。

パラシオスは16日に行われたヨーロッパリーグのフェレンツヴァーロシュ戦に先発。前半37分にゴールを挙げ、後半5分に代わっていたが、セオアネ監督によれば試合序盤に足首のじん帯を痛めていたとのことだ。

セントラルMFの1stチョイスとなっているパラシオスは、今季のブンデスリーガで3試合に出場していた。

レバークーゼンは今後19日にブンデスリーガでシュツットガルト戦、25日にマインツ戦、30日にヨーロッパリーグでセルティック戦を控えている。


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら