ガーナサッカー協会(GFA)は24日、セルビア人指揮官のミロバン・ライェバツ氏(67)をガーナ代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。

ガーナ代表ではカタール・ワールドカップ、アフリカ予選での成績不振を受けてチャールズ・アコナ前監督が解任されていた。

ライェバツ氏は2008年から2010年にかけてガーナ代表を指揮。2010年南アフリカ・ワールドカップではガーナを準々決勝進出に導いていた。


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら