ブンデスリーガ第6節、ボーフムvsシュツットガルトが26日に行われ、0-0で引き分けた。ボーフムのFW浅野拓磨は71分からプレー。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、MF伊藤洋輝はベンチ入りも出場しなかった。

ボーフムは前節バイエルンに0-7と粉砕され、3連敗で1勝4敗スタート。そんな中、負傷で4試合欠場していた浅野がベンチ入りした。

一方、シュツットガルトは前節レバークーゼンに1-3と敗戦し3敗目。1勝1分け3敗スタートとなった中、遠藤が[3-6-1]の中盤アンカーの位置で先発し、前節初スタメンの伊藤はベンチスタートとなった。

ボーフムが良い入りを見せた中、18分に先制のチャンス。アントウィ=アジェイのダイレクトパスを受けたボックス左のレーヴェンがGK強襲のシュートを浴びせた。

さらに26分、ホルトマンが左サイドのスペースを突いてクロスを送り、ポルターがシュート。だが、ここもGKにセーブされた。前半半ば以降は互いにゴールに迫れず、0-0で前半を終えた。

劣勢を強いられたシュツットガルトは迎えた後半、トミーとヒューリッヒを投入。開始2分にピンチを迎えたが、アントウィ=アジェイの枠内シュートをGKミュラーが凌ぐと55分に先制しかける。

左サイドからのソサのFKをヒューリッヒが頭で折り返し、マヴロパノスがシュートを蹴り込んだが、VARの末にハンドがあったとしてノーゴールに。

さらに61分にもチャンス。ヒューリッヒのスルーパスからボックス右マーモウシュが決定的なシュートを浴びせた。

劣勢のボーフムは71分に浅野を右サイドに投入したものの、シュツットガルトは83分、遠藤がミドルシュートでオンターゲットを記録。後半はシュツットガルトがペースを握ったが、ゴールを割るには至らず0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら