プレミアリーグ第6節、アーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが、26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
32 ラムズデール 6.5
前後半に3度のファインセーブ。加入後初の失点となったが、冷静な飛び出しや安定したハイボール処理で勝利に貢献した
 
DF
18 冨安健洋 6.5
失点場面のやや不運な対応にケインに完璧に背後を取られる場面もあったが、それを補って余りある空中戦の強さと安定した対人守備で勝利に貢献。マイボール時も堅実なプレーをみせ、印象的なダービーデビューに
 
4 ホワイト 6.5
直近のバーンリー戦での不出来を払しょくするソリッドなパフォーマンスを90分間披露。持ち味の正確な配球で相手守備に的を絞らせず
 
6 ガブリエウ 6.5
無理が利く守備でケインら相手も攻撃陣にうまく応対。的確なカバーリングで多くのピンチの芽を摘んだ
 
3 ティアニー 6.5
攻撃参加の回数こそ普段に比べて少なかったが、的確なサポートで攻撃の起点に。守備でも身体を張ったプレーでデレ・アリやルーカスを抑え込んだ
 
MF
7 サカ 7.5
1ゴール1アシストの活躍でスミス・ロウと共に勝利の立役者に。ここ数試合、やや大人しいプレーぶりだったが、ダービーで見事に躍動
 
(→メイトランド=ナイルズ -)
 
5 トーマス 6.5
前半は中盤のバトルで抜群の存在感。後半は要所を締めるプレーで攻守にチームをよく助けた
 
8 ウーデゴール 7.0
目に見える結果は残せなかったが、全3ゴールに関与。相手の守備のバランスを崩す巧みなボールの引き出しと丁寧な捌きに加え、守備の強度も非常に高かった
 
34 ジャカ 6.5
身体を張ったプレーで2点の起点に。3試合出場停止明けの重要なゲームでサポーターの信頼を取り戻そうと、負傷交代するまで気迫のこもったプレーを見せた
 
(→サンビ・ロコンガ 5.5)
守勢の流れでの投入となったが、無難にプレー
 
10 スミス・ロウ 7.5
貴重な先制点を含む1ゴール1アシストの活躍。攻撃だけでなく献身的な守備でチームを大いに助けた
 
(→ヌーノ・タヴァレス -)
 
FW
14 オーバメヤン 7.0
サカやホワイト同様にここ最近の不振を払しょくする躍動感のあるプレーで勝利に貢献。前ドルトムント時代を含め、対スパーズ戦の通算ゴールは「8」に
 
監督
アルテタ 7.0
守備に難があるペペではなく生え抜きの2人の起用やジャカの起用で相手のお株を奪う、見事なトランジションやカウンターで完勝
 
トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 5.5
3失点共に責任なし。幾度かの好守でチームを鼓舞し続けた
 
DF
25 タンガンガ 4.0
守備面を期待されての起用も、相手の勢いのある攻めを止めきれず。課題の攻撃面ではクオリティ不足を露呈
 
6 D・サンチェス 4.5
ロメロ起用予想が多かった中、対人守備とスプリント能力を買われての起用となったが、相手の攻撃に後手を踏んだ
 
15 E・ダイアー 4.5
前半の酷いチームパフォーマンスは指揮官の失策の影響が大きいが、ディフェンスリーダーとして周囲をコントロールできていなかったのも事実
 
3 レギロン 5.0
一矢報いるアシストを記録したが、サカ相手に苦戦。攻撃面では幾度か良さも出したが、全体的には厳しい出来に
 
MF
20 デレ・アリ 4.0
指揮官による酷使もあり、球際で戦えず。守備面で穴を空けてしまう場面が多かった
 
(→スキップ 6.0)
チームの攻守のバランスをうまく整えて、生え抜きMFとして意地を見せた
 
5 ホイビュルク 5.0
得意とするインサイドハーフではなくアンカーで苦戦。前半は多くのタスクを自身に課したことで、全体的に役割が中途半端に。後半はスキップのサポートを受け盛り返す
 
28 エンドンベレ 4.5
要所で能力の高さを見せたが、指揮官の拙い起用法もあり、チームの歯車としてうまく機能できず。前半は守備面で難しい状況を招いた
 
(→ブライアン・ヒル 5.5)
一矢報いるゴールの起点に。チームにバイタリティをもたらしたが、決定的な仕事まではいかず
 
FW
27 ルーカス・モウラ 5.0
相手GKのビッグセーブに阻まれ、一矢報いるゴールを奪えず。負傷明けで局面を打開しようと腐心も、まだまだ本調子ではなかった
 
10 ケイン 4.5
全体的にハードワークは見せたが、3度あった決定機の内のひとつは決めたかった。3失点目に繋がるボールロストは痛恨
 
7 ソン・フンミン 5.5
一矢報いる敵地でのダービー初ゴール。冨安らにうまく封じ込まれて期待された個での打開はなかなか見せられず
 
監督
ヌーノ 4.0
チェルシー戦同様のアグレッシブなアプローチが完全に裏目に。後半は盛り返したが、選手の配置や守備のアプローチで大きな見込み違いがあった前半の酷いパフォーマンスは猛省すべき
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
スミス・ロウ(アーセナル)
同じく1ゴール1アシストのサカの活躍も捨てがたいが、貴重な先制点に加えて、守備の貢献度、攻撃の起点となるプレーでより存在感を示した背番号10をMOMに選出。このままの活躍が続けば、マンチェスター・シティのデ・ブライネやフォーデンのような絶対的な存在に。
 
アーセナル 3-1 トッテナム
【アーセナル】
スミス・ロウ(前12)
オーバメヤン(前27)
サカ(前34)
【トッテナム】
ソン・フンミン(後34)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら