アルゼンチンのアトレティコ・アルドシビは28日、フェルナンド・ガゴ監督(35)が辞任したことを発表した。

2020年11月に現役を引退したガゴ監督は、2021年1月にアンヘル・ギジェルモ・ホヨス前監督を解任したアルドビシの指揮官に就任。しかし、初監督としての9カ月うまくいかず、途中就任となったコパ・デ・ラ・リーガ・プロフェッショナル2021は3勝しか挙げられずグループ最下位に。

また、7月に開幕したスーペルリーガでも13節終了時点で4勝1分け8敗の23位と低迷。直近ではヒムナシアに1-3で敗れ、6連敗を喫していた。

ガゴ監督の辞任を受け、クラブは公式ツイッターで「ガゴ監督のプロ意識に感謝するとともに、今後の活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表した。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら