パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が勝利に満足した。

15日に行われたリーグ・アン第10節で4位につけるアンジェをホームに迎え撃ったPSG。序盤から攻撃の主導権を握るなか、前半に先制を許してしまったが、後半に巻き返してみせ、ポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラ、フランス代表FWキリアン・ムバッペのゴールで2-1の勝利を収めた。

前節のスタッド・レンヌ戦で今季初黒星を喫したが、インターナショナルブレイクを挟み、しっかりと勝利を取り戻したポチェッティーノ監督は試合後、クラブ公式チャンネル『PSG TV』で来るチャンピオンズリーグ(CL)のRBライプツィヒ戦に向けても大きな勝利だと勝ち誇った。

「全体的に見ても、我々は勝利に値した。アンジェより優れたチームだったと思うからだ。彼らも4位につける非常に良いチーム。(そんな相手に勝てて)私は満足だし、この3ポイントは次のライプツィヒ戦に向けても非常に大きなものだ」

「この試合の我々はトランジションからの失点もあったが、74、75%のボールポゼッションでかなりのチャンスを作ったし、支配できたと思う。それでも、得点できないことがあるのがフットボールだが、全体的に我々の方が良かった」

ランパード、ジョン・テリー、ジェラード
イングランド代表LEGENDがサカつくRTWに登場!
>>詳しくはこちら