メジャーリーグサッカー(MLS)のFCダラスに所属するアメリカ代表FWリカルド・ペピ(18)にヨーロッパのクラブから熱視線が注がれているようだ。アメリカ『CBS Sports』が報じている。

メキシコ人の両親の下、アメリカのテキサスで生まれ育ったペピは185cmのセンターフォワード。ダラスのアカデミー時代にゴールを量産した生粋のストライカーは、2019年にリザーブチームにあたるノース・テキサスSCにレンタル移籍すると、USLリーグ1(アメリカ3部)でプロデビューを飾り、デビューシーズンに12試合9ゴールの活躍を披露した。

その後、ダラスに復帰してMLSを主戦場に戦うと、今シーズンはここまで27試合13ゴールの見事な数字を残しており、18歳ながら得点王争いに絡む見事なパフォーマンスを見せている。

そして、ここでの活躍が評価され、先月にはアメリカ代表デビュー。そのデビュー戦ではホンジュラス代表を相手に1ゴール2アシストの鮮烈デビューを飾ると、その翌節のジャマイカ代表戦では2ゴールを奪い、一気にスターダムにのし上がっている。

18歳という年齢もあり筋肉量や身体の厚みに伸びしろを残しており、ポストワークやパワーに改善の余地は大いにあるが、スピードや足元の技術に加え、背後への絶妙な抜け出しや直接FKもレパートリーに持つ右足のキック精度の高さは大きな魅力だ。

その伸びしろ十分の逸材ストライカーに関してはリバプールを筆頭に幾つかのプレミアリーグのクラブを始め、ヨーロッパ5大リーグのクラブが獲得に関心を示しているという。

ただ、『CBS Sports』によると、獲得レースのポールポジションに立つのは、ブンデスリーガの強豪ヴォルフスブルクだという。両者は移籍に向けて深い段階まで話し合いを進めているとのことだ。

ただ、現時点で移籍を決定的なモノにする段階には至っておらず、今後他クラブが具体的な動きに発展した場合、十分にチャンスはあるようだ。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら