マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーがリバプール戦での歴史的惨敗後に自身を含むチームのパフォーマンスを痛烈に批判した。イギリス『The Athletic』が伝えている。

ユナイテッドは24日に本拠地オールド・トラッフォードで行われたプレミアリーグ第9節でリバプールと対戦。前半に4失点を喫する厳しい戦いを強いられると、後半立ち上がりにはエジプト代表FWモハメド・サラーにハットトリックを許すと、直後に途中出場のフランス代表MFポール・ポグバが危険なラフプレーで一発退場。そのまま一矢報いることもできず、屈辱の0-5の惨敗を喫した。

同試合後、ユナイテッドの左サイドバックは、クラブ公式サイトのインタビューを通じて世界中のファンに謝罪を行うと共に、拙守が目立った自身の出来を悔やんでいる。

「僕らはとても失望している。全く十分ではなく、非常に痛みを感じている」

「フットボールは明確にチームスポーツで、僕らは一緒に戦っている。だけど、今夜の試合に関していくつかの部分で僕個人が責任を持つ必要があると思う。それこそ、今この場(インタビュー)に僕がいる理由だし、隠れるつもりはないよ。今夜​​最高の状態ではなかったことをわかっているし、いくつかの責任を負うつもりだ」

また、試合後にメディアの取材に応じたショーは、リバプール戦を含めここ最近のチームパフォーマンスについても言及。守備を中心にチームのパフォーマンスが勝利に値しないものだと鋭く切り込んでいる。

「僕らが何よりもまず鏡で見る必要があるのは、自分たち自身だと思っている」

「僕らはすべてを正しく行い、適切な形でゲームの準備をしているのか?」

「もちろん、僕らには戦術と監督が自分たちにプレーしてほしいと望んでいる方法があるけど、時に僕らは対戦相手にとってイージーすぎる存在だと思う」

「例えば、相手の先制点を見ても、最初の5分間で3人のプレーヤーがバラバラに走り回るなんてあり得ないと思う。もっとコンパクトに、もっとうまくやらなければならない」

「こういった結果になるのは当然だと思う。過去に勝った試合でも、自分たちがベストな状態ではなかったと思っている」

「ロッカールームでもそんな風に感じていたけど、今日の敗戦を反省し、これから前進していかなければならない」

リバプール戦の敗戦はオーレ・グンナー・スールシャール監督の授けた無謀な采配に、選手たち個人の低調なパフォーマンス、リバプールのハイパフォーマンスが重なっての結果と言えるが、次節のトッテナム戦までにチームは根本的な問題を解消できるか。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら