セリエA第10節、サンプドリアvsアタランタが27日に行われ、1-3でアタランタが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

5日前に行われた前節スペツィア戦を2-1で制し、5試合ぶりの勝利とした15位サンプドリア(勝ち点9)は、吉田が[4-4-2]の右センターバックでスタメンとなった。

一方、前節ウディネーゼ戦を引き分けに持ち込まれた5位アタランタ(勝ち点15)は、最前線にD・サパタ、2シャドーにマリノフスキーとパシャリッチを据えた。

オープンな立ち上がりとなった中、先手を取ったのはサンプドリア。10分、トールスビーのスルーパスに抜け出したボックス左のカプートがシュートを流し込んだ。

しかし17分、ボックス右ゴールライン際からザッパコスタの入れたクロスをD・サパタがヘッドで合わせにかかると、アスキルセンに当たってゴールに吸い込まれ、アタランタが同点とした。

さらに21分、再び右サイドからのザッパコスタの鋭いクロスがD・サパタに向かうと、吉田に競り勝ったD・サパタがヘッドで押し込んだ。

逆転されたサンプドリアは36分、ボックス右に抜け出したカプートがチップキックシュートを狙ったがGKムッソにセーブされ、1-2で前半を終えた。

迎えた後半はアタランタが押し込む時間が続き、サンプドリアは同点の機会を掴めない。そして試合終了間際、右サイドに流れたイリチッチが吉田をかわしてボックス内に進入。そのままシュートを決め、勝負は決した。敗れたサンプドリアはここ6試合で4敗目を喫している。



チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら