フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年の女子バロンドールに、バルセロナでキャプテンを務めるスペイン代表MFアレクシア・プテジャス(27)が受賞したことを発表した。

プテジャスは、2020-21シーズンで合計26ゴールを記録。ヨーロッパで最も得点を決めたMFとして知られ、欧州サッカー連盟(UEFA)のプレーヤー・オブ・ザ・イヤー。とミッドフィルダー・オブ・ザ・イヤーにも選出されていた。

女子チャンピオンズリーグでは、決勝でチェルシーを4-0で下しており、初優勝にも貢献していた。なお、2位はバルセロナのジェニファー・エルモソ、3位はチェルシーのサム・カーが入った。

2018年から受賞がスタートした女子バロンドール。2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で選出されなかったため、プテジャスが3人目の受賞者となった。

プテジャスは「私がこの賞を獲得する最後のバルセロナの選手になることはないと確信しています。これはほんの始まりにすぎません」とコメントしている。

◆女子バロンドール2021

1位
MFアレクシア・プテジャス(スペイン/バルセロナ)

2位
FWジェニファー・エルモソ(スペイン/バルセロナ)

3位
FWサム・カー(オーストラリア/チェルシー)

4位
FWフィフィアネ・ミーデマ(オランダ/アーセナル)

5位
MFリーケ・マルテンス(オランダ/バルセロナ)

6位
FWクリスティン・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ)

7位
MFペルニレ・ハルダー(デンマーク/チェルシー)

8位
DFアシュリー・ローレンス(カナダ/パリ・サンジェルマン)

9位
MFジェシー・フレミング(カナダ/チェルシー)

10位
FWフラン・カービー(イングランド/チェルシー)

◆歴代女子バロンドール受賞者

2018:アーダ・ヘーゲルベルグ(ノルウェー/リヨン)
2019:ミーガン・ラピノー(アメリカ/OLレイン)
2020:新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で選出なし
2021:アレクシア・プテジャス(スペイン/バルセロナ)

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら