ウェストハムがエラス・ヴェローナのチェコ代表MFアントニン・バラク(27)の獲得に動いているようだ。イタリア『Calcio Hellas』が報じている。

現在、プレミアリーグで4位と堂々とトップ4争いに食い込んでいるウェストハム。また、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループ首位通過を決めており、シーズン中盤戦から終盤戦に向けては過密日程を強いられることになる。

そういった中、クラブは今冬の移籍市場においてイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナの長期離脱によって手薄なセンターバック、フル稼働が続くジャマイカ代表FWマイケル・アントニオのバックアップ、アルジェリア代表FWサイード・ベンラーマのアフリカ・ネーションズカップ参戦が見込まれる2列目が重要な補強ポイントとなっている。

その中で2列目の補強に関しては、昨シーズン後半戦で驚異的なパフォーマンスで攻撃をけん引したマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードの獲得を優先事項としてきたが、未だ交渉は難航中だ。

これを受け、新たなターゲットとして浮上しているのが、セリエA屈指の攻撃的MFとして知られるバラクだ。

2017年7月に母国のスラビア・プラハからウディネーゼへと完全移籍したバラクは、直近2シーズンはレッチェ、ヴェローナにレンタル移籍を繰り返し、今夏正式にヴェローナの一員となった。

チェコ代表として28キャップを誇る190cmのMFは、トップ下やセントラルMFを主戦場に、屈強なフィジカルと高精度の左足から繰り出されるラストパスや強烈なシュートを最大の特長とする8番タイプのプレーヤーだ。
今シーズンのセリエAでは15試合5ゴール3アシストの数字を残しており、国内外のクラブからの関心を集めている。

そして、MFトマス・ソウチェク、DFヴラディミール・ツォウファル、MFアレックス・クラルとチェコ人選手の活躍が際立ち、先日にはチェコ人実業家の株式取得が発表されたウェストハムは、4人目のチェコ人選手としてバラクに強い関心を示しているようだ。

『Calcio Hellas』によると、ウェストハムは同選手の獲得に1700万ポンド(約25億6000万円)程度のオファーを準備しているようだ。