コートジボワール代表の試合でDFセルジュ・オーリエがGKを務める緊急事態が起きていた。

現在開催中のアフリカ・ネーションズカップで16日にシエラレオネ代表戦に臨んだコートジボワール。初戦の赤道ギニア代表戦を制し、2連勝を目指した中、2-1の1点リードで迎えた後半アディショナルタイムに、GKアリ・サンガレの痛恨のミスにより同点に追い付かれてしまう。

さらに、この時にサンガレは劣悪なピッチに足を取られる形で負傷。すでに5枚の交代カードを切っていたコートジボワールは、ゴールマウスをオーリエに任せ、残りの時間を耐えることになった。

幸い、オーリエが仕事をする場面は訪れず、試合は2-2で終了。目前で勝利を逃す結果となってしまったものの、コートジボワールはグループ首位をキープしている。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら