セルティックの日本代表FW前田大然は、早くもサポーターの心を掴んだようだ。

セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。

その前田は開始4分、相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、デビューからわずか数分でいきなりのゴールを奪った。

早々に結果を残した前田には多数の称賛が。「速かった」、「日本の新選手のデビューを見られてうれしい!」、「前田は本物」など、早くもサポーターの心を掴んだようだ。

前田の鮮烈デビュー弾で先制したセルティックは、その後追加点を奪って2-0で勝利。なお、同じく先発で新天地デビューを果たした旗手は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれている。