ナントに所属するフランス人FWランダル・コロ・ムアニ(23)のフランクフルト移籍が濃厚となったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

『ビルト』が伝えるところによれば、これまでミランやマルセイユ、ニューカッスルといったクラブの関心を集めていたコロ・ムアニに関して、フランクフルトは個人間で合意に至ったという。

そして、来週中にもメディカルチェックを受診し、ナントとの契約が終了する来シーズンからフランクフルトと5年契約を締結することになるようだ。

ナントの下部組織出身で2018-19シーズンにトップチームデビューを飾ったコロ・ムアニは、スピードと身体能力に優れる187cmのストライカー。

昨シーズンのリーグ・アンで37試合9ゴール8アシストの数字を残してブレイクを果たすと、昨年行われた東京オリンピックではU-24フランス代表の主力としてグループステージ全3試合に出場していた。

迎えた今シーズンはリーグ戦20試合で7ゴールを挙げており、キャリアハイ更新が確実視される。決定力やフィニッシュの判断には大きな伸びしろを残すものの、左右のウイングでもプレー可能な汎用性を含め、指導者次第では将来的なレ・ブルー入りも期待される逸材だ。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら