ケルンは26日、サンプドリアのドイツ人DFユリアン・シャボット(23)を2023年6月までのレンタルで獲得したことを発表した。

U-21ドイツ代表歴を持つ、195cmの大型センターバックであるシャボットは、2019年夏にフローニンヘンからサンプドリアに加入。昨季はスペツィアにレンタル移籍し、セリエAで25試合(先発は19試合)に出場。しかし、サンプドリアに復帰した今季はセリエAで11試合(先発は4試合)の出場に留まっていた。

母国ケルンへの移籍についてシャボットは「僕のようにドイツで育った者ならば、いつかはブンデスでのプレーを夢見るものだ。だからこの機会をぜひ生かしたいと思った」とコメントしている。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら