ボルドーは28日、リヨンと契約を解除したブラジル人DFマルセロ(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「15」を着用する。

母国サントスでプロキャリアをスタートしたマルセロは、ヴィスワ・クラクフ、PSV、ハノーファー、ベシクタシュを経て2017年にリヨンへ加入。頼れるディフェンスリーダーとして、昨季もリーグ戦34試合に出場するなど主力として活躍し、昨年3月には2023年まで契約を延長していた。

今季もリーグ・アン開幕から2試合でフル出場していたが、第2節のアンジェ戦でGKへのパスミスでオウンゴールを記録すると、試合後のドレッシングルームではチームメイトに対して不適切な態度があったとして、リザーブ送りにされていた。

結局、その後トップチームに戻ることなく、26日に双方合意ののもとで契約を解除していた。リヨンでの通算成績は167試合8ゴール2アシストだった。

ボルドーのアドマー・ロペスTD(テクニカル・ディレクター)は、マルセロについて「彼はサッカー選手としてだけでなく、人格者やリーダーとしても誰もが知っている選手だ。彼はリーグ1を熟知しており、ピッチ内外で厳しさ、経験、リーダーシップを発揮してくれるだろう」と、ベテランDFの加入を喜んだ。