アントニオ・コンテ監督はトッテナムがトップ4フィニッシュを達成した場合、巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。

コンテ監督は昨年11月にヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を受け、トッテナムの新指揮官に就任。当時、プレミアリーグ9位のチームを引き継ぐと、以降の27試合では紆余曲折がありながらも16勝5分け6敗の戦績を収め、22日に行われるノリッジとの今季リーグ最終節を前に、5位のアーセナルと2ポイント差の4位にチームを上昇させた。

そして、最終節で引き分け以上の結果を残せば自力で、あるいはエバートンと最終節を戦うアーセナルが引き分け以下に終わった場合、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められる状況だ。

そういった中、『タイムズ』が報じるところによれば、トッテナムとコンテ監督との契約には今シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した際のインセンティブの条項があり、仮にこの目標を達成した場合、250万ポンド(約4億円)という巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。

また、トッテナムがトップ4を確定した場合、来シーズン以降も続投することが決定的となるイタリア人指揮官にはアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキの買い取り以外に、巨額の補強資金が与えられる模様。

そして、クラブはすでに手薄な中盤の有力な補強候補としてブレントフォードのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、レスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスへの関心を強めているという。

なお、両選手共にCLでのプレーを熱望しており、CL出場権獲得のあかつきにはひとつ獲得に向けた障害が取り除かれることになる。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら