マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今シーズンの最終戦を欠場することになるようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。

現在、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位に位置するユナイテッドだが、7位のウェストハムとの勝ち点差は2ポイント。さらに、得失点差で下回っているため、自力での6位フィニッシュに向けては13位のクリスタル・パレスとのアウェイゲームでの勝利が必須だ。

しかし、この重要なシーズン最終戦をエースFW不在の中で戦う可能性があるようだ。

『Athletic』が報じるところによれば、C・ロナウドは今年1月と3月の数試合の欠場の原因となった股関節屈筋の問題が再発しており、フランス代表MFポール・ポグバと共にパレス戦を欠場する可能性が高いという。

ラルフ・ラングニック暫定監督は前日の公式会見の場で最新のチームニュースを明かした際、具体的な選手名や人数は伏せたが、数名の選手が遠征に帯同できないことを明言しており、その内の一人がポルトガル代表FWだったようだ。

C・ロナウドは今シーズンここまでのプレミアリーグ30試合でチームトップの18ゴールを挙げており、この最終戦での2ゴールによってシーズン20ゴール到達も期待されていたが、一足早くシーズンを終えることになったようだ。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら