なでしこジャパンの池田太監督が、フィンランド女子代表戦を振り返った。

1年後に女子ワールドカップを控えるなでしこジャパンは、欧州遠征を実施。24日にはセルビア女子代表に5-0で圧勝しており、中2日でフィンランド戦を迎えた。

6名の先発を変更した池田監督。システムは[4-4-2]を採用すると、前半13分にオウンゴールで先制。しかし、18分にゴールを許し、1-1で試合を折り返す。

セルビア戦同様に前半はチャンスを作りながらも崩し切れずに終わったが、後半は選手交代を敢行し流れを掴みに行く。

すると47分に遠藤純が勝ち越しゴールを決めると、58分に高橋はな、74分に植木理子、そして終了間際の89分に長谷川唯がゴール。終わってみれば、5-1で圧勝。欧州遠征2試合で共に5得点を奪い連勝で終えた。

試合後、池田監督はフィンランド戦を振り返り、厳しい暑さの中での選手たちのパフォーマンスを称えた。

「暑さの中、選手たちはタフに戦ってくれました。前半に課題のあった距離感を修正して後半に臨むことができ、得点を重ねて勝利に繋げられたことは良かったです」

「試合前のミーティングでサイドからの攻撃を上手く使おうと話した結果、少し強調しすぎたことで選手たちもサイドへという頭になってしまったと思いますが、後半はうまく修正してくれました」

「守備の面でも広がりすぎてしまうところがあったので、もう少し閉めようとハーフタイムに話しました。そこも選手はしっかり対応してくれました」

また、後半にかけては相手が落ちてきたところを上手く突くことができたという。

「後半は相手も疲れてきたところで我々の選手たちが頑張ってくれて、修正をしながら勢いを持って、上手くゲームコントロールして結果に繋げられたと思います」

「チーム作りはステップバイステップで、距離感や攻撃のイメージ、形のイメージは課題が出ては積み上げているというところ。ただ伝えようとしていることは浸透してきているし、伝えていることは積み上がってきていると感じています。順序立てて積み上がっているなと感じています」

またチームコンセプトである「奪う」ということへのトライについても言及。継続していくことが大事だとした。

「前からボールを奪いに行っている中で全部がハマるわけではないので、相手に少し動かされたときの守備ブロックの作り方などは課題がありますが、そのリスクを冒しても今は旨味を取っているという考え方。今はその成果にフォーカスしています」