モナコは28日、リバプールの日本代表MF南野拓実(27)を完全移籍で獲得した。

予てから獲得の噂が浮上していた南野。フィリップ・クレメント監督も「我々のリストで非常に上位にいた」と獲得を熱望していたことを明かしていた。

その南野は、2026年夏までの4年契約を締結。リーグ・アンで2シーズン連続3位に入っているモナコで、新たな挑戦をスタートさせる。

モナコとの契約を済ませた南野は、クラブを通じてコメント。加入を喜び、チームに貢献したいと意気込んだ。

「モナコに加入できてとても嬉しいです。2年連続で3位に入っており、エキサイティングなリーグで最も有名なクラブのプロジェクトに参加できることを嬉しく思います」

「僕は新しい環境を見つけ、チームを助けるために全力を尽くすことを楽しみにしています」