【明治安田生命J1リーグ第19節】
2022年7月2日(土)
18:30キックオフ
柏レイソル(5位/30pt) vs 鹿島アントラーズ(2位/34pt)
[三協フロンテア柏スタジアム]

◆前節の反省を生かせるか【柏レイソル】

前節は首位の横浜F・マリノスと対戦し、まさかの0-4で完敗。大事な上位対決で力の差を見せつけられての敗戦となった。

優勝戦線に絡める中での手痛い敗戦となったが、チームとしても課題が多く残る内容だったと言えるだろう。

今シーズンの柏が上位に位置する理由の1つは強度。高い位置からのプレスはもちろん、球際の競り合いで負けないという強さが強みだったが、横浜FMの立ち回りのうまさに翻弄。安定して上位にいる横浜FMと昨季は迷走したチームの差が出たと言える。

ただ、反省すべき点がハッキリしていることはプラスに捉えられる。今節は同じく上位の鹿島が相手。強度という点では相手も得意とするところで、いかに戦えるのか。自分たちを見失わずにやるべきことをピッチで出せれば勝利は見えてくる。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:佐々木雅士
DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽
MF:川口尚紀、椎橋慧也、三丸拡
MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎
FW:細谷真大、小屋松知哉
監督:ネルシーニョ
出場停止:高橋祐治、ドッジ

◆エースを安心させられるか【鹿島アントラーズ】

1日、今季すでに10ゴールを記録し、チームを牽引し続けてきた日本代表FW上田綺世がベルギーのセルクル・ブルージュへの移籍が決定。2日に日本を離れることが決まった。

突然のオファーから移籍決定という流れ。予てから海外でのプレーを望んでいた上田にとっては、またとないチャンスだった。

そのエースが去るとなれば、チームのタイトルを託されるのは残された選手たち。好調を維持していた上田の穴を埋めるのは簡単なことではないが、ここでこそチーム力が試される時が来た。

相手は上位の柏。後半にペースが落ちるという弱点を突かれる可能性は高いが、前半のうちに試合を決めてしまうという手もある。しっかりとリードしてペースを掴めるかがカギとなりそうだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:常本佳吾、三竿健斗、キム・ミンテ、安西幸輝
MF:ディエゴ・ピトゥカ
MF:仲間隼斗、樋口雄太、アルトゥール・カイキ
FW:エヴェラウド、鈴木優磨
監督:レネ・ヴァイラー