鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が相棒との別れを惜しんだ。

1日、日本代表FW上田綺世がベルギーのセルクル・ブルージュへと完全移籍することで合意したと発表。現地でメディカルチェックを受け、正式契約を結ぶ。

今シーズンの明治安田生命J1リーグで18節を終えて2位につける鹿島。近年前半戦は低迷していた鹿島が優勝を狙える位置につけているが、そのチームを牽引していたのは10ゴール決めていた上田だった。

エースの退団はチームにとって大きな痛手だが、その上田とともにチームを支えていたのが鈴木。Jリーグ屈指の2トップは互いに特徴を理解し、2人の関係性からいくつもゴールを生んでいた。

今季ベルギーから戻り鹿島を引っ張る鈴木は、自身がプレーを続けていたベルギーに旅立つ上田との2ショットをインスタグラムに投稿した。

鈴木は「半年だけだったけど最高に楽しかった。good luck。18×40」とメッセージ。上田とのコンビを楽しんでいたようで、投稿された写真は練習技に身を包み笑顔で肩を組む2人の姿だった。

この姿にファンは「Jリーグ史上最強の2トップ」、「間違いなく最強で最高の2トップ」、「最強の2人のプレーが見られてとても幸せでした」、「最強コンビ」と、2人のコンビを称え流一方で、解消を惜しむ声も。「綺世のためにも優勝を!!!」、「絶対タイトル獲ろうな!!!」と志半ばでチームを去る上田のためにも、リーグ制覇を望む声が多く寄せられた。