アフリカサッカー連盟(CAF)は3日、アフリカ・ネーションズカップ2023を来年の1月に延期したことを発表した。

アフリカサッカー連盟(Caf)主催の同大会は1957年にスーダンで第1回大会が開催された。以降、基本的に2年に一度行われており、新型コロナウイルスの影響を受けて2022年1月に延期された第33回大会では、セネガル代表が初優勝を飾った。

第34回大会は、2023年6〜7月にかけてコートジボワールで開催される予定だったが、同期間のコートジボワールの気候が不安定であること、また6月後半に行った洪水により同国が喪に服していることから、CAFはこのイベントを2024年1月に延期することを決定した。

これにより、2022年1月に延期された前回大会同様、アフリカ・ネーションズカップに参加する選手はリーグ戦を欠場して臨むこととなる。