ガンバ大阪やベガルタ仙台などで活躍したDF金正也(34)が現役引退を発表した。

2021シーズン終了とともに藤枝MYFCを退団していた金正也。その後は所属がなくフリーとなっていたが、自身のインスタグラムを更新し、現役引退を決断したことを明かしている。

「私事になりますがこの度プロサッカー選手を引退すること決意いたしました。これまで私が所属させていただいたクラブのスポンサー様、会社の方、クラブに関わる全ての人達に感謝申し上げます」

「思い返すと大変なことや、腹立つこともたくさんありましたが、それ以上に最高な経験、楽しい毎日を過ごすことが出来たと感じます。1番長く在籍したガンバ大阪では、3冠を取ったあの時代のチームの中にいれたことは本当に素晴らしく、凄い嬉しいことで、少しだけ誇らしく思います」

「鳥栖、仙台、藤枝でも色々な経験、たくさんの友人もできて充実した毎日を過ごす事ができました。11年もプロとして生活できたことは本当に幸せに思っています」

「ここまでのサッカー人生で僕を指導してくれた全ての監督、コーチ、スタッフ、メディカルスタッフに心より感謝申し上げます。ファン、サポーターの方々いつも試合や、練習での応援本当にありがとうございました」

「これからの人生は色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。なのでこれからも、応援よろしくお願いします!また、どこかで会いましょう!」

金正也は神戸科学技術高校から駒澤大学を経て、2011年にG大阪へと入団した。

加入1年目は同じセンターバックの選手の負傷離脱もあり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のメルボルン・ビクトリー戦でデビュー。その後のJ1開幕戦となったセレッソ大阪との“大阪ダービー”でJ1デビューを果たした。

しかし、ケガ人が戻るとポジションを譲ることとなり、1年目は公式戦8試合の出場に終わった。

2年目も10試合の出場に終わると、3年目の2013年はサガン鳥栖へと期限付き移籍。鳥栖では13試合に出場。復帰したG大阪でも出場機会は増えなかった。

それでも、プロ6年目の2016年にはJ1で28試合3得点、リーグカップで5試合、天皇杯で1試合に出場。その後、ベガルタ仙台へと完全移籍。2021年は藤枝で過ごし、契約満了で退団していた。

対人の強さと空中戦、ヘディングの強さを武器にプレー。G大阪時代は2014年の国内3冠達成など5つのタイトル獲得に貢献していた。

J1通算119試合4得点、リーグカップ通算27試合出場、J3通算11試合1得点を記録。ACLでも17試合に出場した。