トッテナムのDFクリスティアン・ロメロがウォルバーハンプトン戦を欠場する見込みだ。

ロメロは先週末に行われたプレミアリーグ第2節のチェルシー戦(2-2)にフル出場。後半アディショナルタイムのセットプレー時のDFマルク・ククレジャの髪を引っ張る不必要なプレーで大きな批判を浴びた一方、攻守両面でハイパフォーマンスを披露していた。

ただ、前半序盤にそのククレジャに左ヒザ付近を踏まれるなど、激しいバトルの影響は大きく次節のウォルバーハンプトン戦を欠場することになるようだ。

20日にプレミアリーグ第3節のウォルバーハンプトン戦を控えるアントニオ・コンテ監督は、18日に行われた公式会見の場で最新のチームニュースに言及。ロメロが内転筋の軽い問題で週末のリーグ戦を欠場する見込みであることを明かした。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

「クリスティアンはチェルシー戦の試合中の終盤に少し問題があった。しかし、それは小さな問題だ。試合後、彼は内転筋に少し痛みを感じ始めていた」

「我々は彼の状態をチェックし、正直なところ、プレーヤー自身はプレー可能だと示したいと思っていたが、このような状況では、特に多くのゲームをプレーする必要があるため、リスクを冒すのはばかげている。したがって、彼はウルブス戦で起用不可だ」

なお、ロメロの欠場に伴い、ウルブス戦ではDFダビンソン・サンチェス、DFジャフェット・タンガンガのいずれかがスタメンで起用される見込みだ。

ロメロの負傷が発覚した一方、コンテ監督は踵の骨折で離脱が続くMFオリヴァー・スキップの復帰が近いという朗報を届けている。

「ウォルバーハンプトン戦に出場できないもう一人のプレーヤーはスキップだが、今日か明日には再び走ることができるだろうから、彼については良いニュースだ。これは本当に良いニュースだ」

「彼は1月から問題を抱え始めていただけに、少し幸運であることを願っている」

「もちろん、彼がすぐに準備ができることを願っている。我々は彼のパフォーマンスを必要としている。彼は本当に良い男であり、これまでピッチ外にいるために多く苦しんできた。そういった中、我々が多くの試合をしなければならない時期に、彼は起用可能になると思う。これは我々にとって本当に良いニュースだ」