日本代表のGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。

27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。

23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。

試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。

ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。

日本は、鎌田大地、相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。

試合後、フラッシュインタビューに応じたシュミット・ダニエルは、ピンチがありながらも無失点で終えられたことを喜んだ。

「CKでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変でした」

「そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」

これでメンバー発表前の試合は全て終了。あとはクラブでの戦いでより成長し、メンバー発表を待つだけとなる。

「チームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ習慣を作っていくこと。それが代表に繋がると思うので、意識していきたいと思います」

PKセーブなどでチームの勝ち点獲得に貢献したシュミット・ダニエル。シント=トロイデンでの活躍にも期待が懸かる。