スタッド・ブレストは29日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

2022年1月にカタールSCからフリーでブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。

ベライリとの契約解除についてブレストのグレゴリー・ロレンツィSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ユセフは家族と離れていることで日々倦怠感を感じていた。彼の日々のバランスとチームのために、このままではいけないと思った。だから我々は、契約を解除することに同意しました」

「ここ数日、彼について言われていることはすべて、我々には関係のない、あるいは話す必要のないプライベートな問題だ」

「いま最も重要なことはスタッド・ブレストの状況であり、それは彼やほかの選手の個人的な問題よりも優先されることなんだ」