日本代表DF吉田麻也(シャルケ)の試合後の姿をドイツ『WAZ』が伝えている。

5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が行われ、日本はクロアチア代表と対戦。前回大会準優勝相手に先制したものの、後半に追い付かれると、延長でも決着はつかず、最後はPK戦の末に敗れた。

4年間キャプテンとしてチームを引っ張ってきた吉田はPK戦で4人目のキッカーに。吉田のキックは相手GKに阻まれ、無情にも最後のキッカーとなった。

キャプテンとしての姿を見せ続けた吉田だが、試合後に自分の子供たちと対面した際には涙が止まらなかった。『WAZ』も「シャルケのディフェンスリーダー吉田は慰めようがない。シャルケのプロフェッショナルは最初、子供たちの目を見ることができなかった。彼はピッチの上に跪いて泣き、その時初めて子供たちを抱きしめた」と伝えている。

試合後のインタビューでは「多くの子供たちがこの試合を見て、サッカーに夢を馳せてときめいて、またサッカー選手になりたいという子供たちが増えて、その子供たちがいずれW杯に出て、この壁を破ってくれることを期待しています」とも語った吉田。その思いは間違いなく届いているはずだ。