6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が終了。準々決勝進出の8チームが出揃った。

アジア勢が3カ国、アフリカ勢が2カ国、アメリカが唯一の北中米勢と、今大会では大本命の欧州勢と南米勢に対して、その他の大陸勢が躍進を見せた。

しかし、決勝トーナメント初戦となったラウンド16では優勝候補たちがその実力を発揮する形となった。

欧州勢ではオランダとイングランドが、アメリカとセネガルを相手にいずれも3点を奪って完勝。一方、前大会準優勝のクロアチアは日本相手に大苦戦を強いられながらも、PK戦を制して2位通過チームで唯一の勝ち上がりを決めた。

また、前大会王者のフランスと優勝候補のポルトガルは、それぞれポーランドとスイスとの欧州勢対決をいずれも大勝で飾っている。

優勝候補に挙がるアルゼンチンとブラジルは、オーストラリアと韓国というアジア勢相手に貫録の勝利を収め、こちらも順当に準々決勝へ駒を進めた。

今ラウンドで唯一の番狂わせとなったのが、モロッコとスペインの一戦。戦前はスペイン優位と見られていたが、モロッコが持ち味の堅守とハイインテンシティの戦いで食らいつくと、PK戦の末に優勝候補を退けて史上初の8強入り。アフリカ勢とアラブ勢の夢を繋いだ。

ラウンド16の結果および準々決勝以降の日程は以下の通り。

★決勝トーナメント日程・結果

◆ラウンド16結果
12/3(土)
オランダ代表 3-1 アメリカ代表
アルゼンチン代表 2-1 オーストラリア代表

12/4(日)
フランス代表 3-1 ポーランド代表
イングランド代表 3-0 セネガル代表

12/5(月)
日本代表 1-1(PK:1-3) クロアチア代表
ブラジル代表 4-1 韓国代表

12/6(火)
モロッコ代表 0-0(PK:3-0) スペイン代表
ポルトガル代表 6-1 スイス代表

◆準々決勝
12/9(金)
《24:00》
クロアチア代表 vs ブラジル代表
[Match 58]
《28:00》
オランダ代表 vs アルゼンチン代表
[Match 57]

12/10(土)
《24:00》
モロッコ代表 vs ポルトガル代表
[Match 60]
《28:00》
イングランド代表 vs フランス代表
[Match 59]

◆準決勝
12/13(火)
《28:00》
[Match 57]の勝者 vs [Match 58]の勝者
[Match 61]

12/14(水)
《28:00》
[Match 59]の勝者 vs [Match 60]の勝者
[Match 62]

◆3位決定戦
12/17(土)
《24:00》
[Match 61]の敗者 vs [Match 62]の敗者

◆決勝
12/18(日)
《24:00》
[Match 61]の勝者 vs [Match 62]の勝者