サンフレッチェ広島レジーナのFW中嶋淑乃が脚光を浴びている。

2022-23 Yogibo WEリーグは現在ウインターブレイクに入っている。公式ツイッターやインスタグラムでは今季を振り返り、ここまでのハイライトや各選手のプレーをピックアップ。3日には「WEリーグの三笘」と題し、中嶋を取り上げた。

今世界で最もホットな男、プレミアリーグで活躍するブライトン&ホーヴ・アルビオンのMF三笘薫を引き合いに出し、S広島Rの背番号「11」のドリブルを紹介。細かいタッチや大胆な切り返しを駆使して相手の逆を取る突破は、本人も参考にしていると語る。

閲覧者も納得の様子で「なでしこの三笘になれる選手」、「確かにこりゃ三笘だわ」、「ボール持ったらなんかやってくれそうな雰囲気あるもん」、「ドリブルのバランスが抜群に良いですね」と太鼓判を押した。

中嶋は2018年に東海大学付属熊本星翔高校から当時なでしこリーグ2部のオルカ鴨川へ加入。2020年にはリーグ得点王に輝き、翌シーズンはWEリーグ発足に伴って新設されたS広島Rに籍を移した。

2022年7月のE-1サッカー選手権でなでしこジャパンとしても初出場。パスや運動量に主眼が置かれがちななでしこの中でも、異彩を放つドリブラーだ。

なでしこジャパンが2月に予定しているアメリカ遠征や、7月のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)へのメンバー入りを期待する声も高く、「なでしこ入って欲しいのよ」、「確かに日本屈指のドリブラー」、「なでしこで唯一無二のスタイル」、「W杯に絶対選んで欲しい」などのコメントも寄せられている。

昨シーズンのS広島Rは終盤の追い上げで6位と健闘したが、創立2年目の今季もスタートは苦しみ、2勝2分け3敗の8位と黒星が先行している。失点数「7」こそリーグ2位タイの少なさだが、得点数「6」は下から数えて3番目。突破力のある中嶋が試合を決定づける勝負強さも会得すれば、本物の三笘薫に一層近づくに違いない。