メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFC(LAFC)は14日、ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の加入を発表した。

特別指定選手の契約で加入し、契約は2025年終わりまで。2026年はオプションとして残る可能性があるという。

モンペリエで名を上げたジルーは、2012年7月にアーセナルへと完全移籍。点取屋として結果を残し公式戦253試合で105ゴールを記録。2018年1月にチェルシーへと完全移籍すると11試合で39ゴールを記録し、2021年7月にミランへ完全移籍で加入した。

ベテランの域に入っていたジルーだが、ミランでもその得点力を見せつけ、公式戦130試合で48ゴールを記録。今シーズンもセリエAで33試合14ゴール8アシストを記録するなど、チームを支えた。

13日にミランからの退団を発表していたジルーだが、一夜明けて今夏のLAFC加入が決定した。

ジルーは今回の移籍について「LAFCに加入できることを嬉しく思い、興奮している」とコメント。「ロサンゼルスに行き、THE 3252(LAFCのサポーターグループ)と素晴らしいファンの前でプレーするのが待ちきれない」

LAFCには、元フランス代表GKウーゴ・ロリスが所属しており、よく知る仲間の存在は後押しになりそうだ。