9日、明治安田J2リーグ第19節の2試合が行われた。

2試合負けなしも5試合1ゴールと得点力不足に悩むモンテディオ山形、4試合連続ドローから前節黒星の大分トリニータ。

22分、ホームの山形は後藤優介が先制点かと思われたが、オフサイド判定で認められず。一貫して大分を押し込むなか、なかなか最初の1点が生まれない。

後半途中から次第に盛り返した大分は73分、宇津元伸弥のCKに合わせた渡邉新太がネットを揺らすが、クロスがゴールラインを割っており、こちらも認められず。

結局、0-0のドロー決着となり、藤原優大ら一部主力を欠きながらも踏ん張った大分は勝ち点1確保の一方、6試合未勝利に。山形も最後まで1点が遠かった。

J1昇格プレーオフ圏に喰い込むファジアーノ岡山は、ホームで下位の鹿児島ユナイテッドFCと対戦。55分、GKスベンド・ブローダーセンの何気ないビルドアップがカットされ、ンドカ・チャールスにロングシュートを叩き込まれる。

追う立場となったなか70分、途中出場した背番号10、田中雄大のスルーパスに抜け出した岩渕弘人がループシュートを流し込み同点に。今季いわきFCから加入の岩渕は4試合連続ゴールだ。

しかし、岡山は逆転ならず1-1ドローで2試合未勝利に。対して鹿児島。相手のミスを突く形で浅野哲也新監督体制最初のゴールが生まれたが、これで8試合未勝利…守備の強度は確認できた。

◆第19節
6月9日(日)
モンテディオ山形 0-0 大分トリニータ
ファジアーノ岡山 1-1 鹿児島ユナイテッドFC

6月26日(水)
[19:00]
V・ファーレン長崎 vs いわきFC

6月8日(土)
ブラウブリッツ秋田 1-1 ロアッソ熊本
清水エスパルス 1-0 藤枝MYFC
徳島ヴォルティス 0-1 横浜FC
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ベガルタ仙台
愛媛FC 1-0 水戸ホーリーホック
レノファ山口FC 1-2 ジェフユナイテッド千葉
栃木SC 1-1 ザスパ群馬