フランス代表DFテオ・エルナンデスがヒザを痛めたようだ。『フットボール・イタリア』が伝える。

今季のミランでスクデット奪還に失敗も、個人レベルではやはり対戦相手の脅威だったテオ。今や世界最高峰の攻撃水準を持つ、猪突猛進型の左サイドバックだ。

26歳とこれから脂も乗っていくであろうなか、現在はユーロ2024を戦うフランス代表に参加中。いよいよ開幕が目前だが、テオは12日のチーム練習をわずか20分で切り上げたという。

どうやら直近の国際親善試合・カナダ代表戦でヒザに打撲を負い、練習で痛みがぶりかえしてきた模様。17日にグループD第1節・オーストリア代表戦があるが、少なくとも先発は回避しそうな様子とのことだ。

フランス代表は17日にオーストリア戦、21日に第2節でオランダ代表戦、25日に第3節でポーランド代表戦を戦う。