パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。

初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたDF熊谷紗希(ローマ・フェンミニーレ)がメディアの取材に応じ、初日の様子を語った。

「いよいよだなというところと、良い雰囲気で始められました」

「(コンディションを調整してくることは)最低限のことではありますが、本当に時間がないです。金沢での試合もですが、本大会までもたくさんの時間はないので、実際に動いてきましたがキツかったです。ただ、みんなとであれば乗り越えられるかなと思います」

「チームとしてそういう雰囲気の中で、全員で少しずつ前にいくこと、コンディション面も、チームとしての準備も進んでいければと思います」

13日にガーナ戦があり、初戦のスペイン女子代表戦は25日。およそ2週間程度で開幕を迎える。

世界女王相手の初戦が待っている日本だが、ガーナ戦で確認したいことについては「今日集合してチームとしてどう戦っていくかというのは、スタッフから言われたわけではないですが、ナイジェリア対策として、しっかりガーナというアフリカ勢のスピードや身体的なところに慣れるとともに、突くところは絶対にあると思うので、良いシミュレーションになるように準備していきたいです」とコメント。第3戦で戦うナイジェリア女子代表を意識して戦うとした。

これまでもキャプテンを務めてきた熊谷だが、パリ・オリンピックもキャプテンを務めることが決定。「練習前に言われました」と語ったが、しっかりと結果を残すために行動していきたいとした。

「もちろん、結果を含めて最高の大会にしたいですし、そのためにキャプテンとしてやれることはなんでもやりたいです」

「昨年のワールドカップの時からですが、1人で作るチームではないと思っています。みんなで作ったからこそ良いチームができると思うので、良い意味で、良い感じでみんなの助けをもらいながら、良いチームができる流れをキャプテンとして作っていければと思います」

「特別大きく何かを変えませんが、そういうチームが作れるようにやっていきたいです」

熊谷にとっては、2012年のロンドン・オリンピックで銀メダルを獲得し、東京オリンピックに続いて3度目のオリンピックに。集大成としてどんなパフォーマンスを見せるか注目だ。