パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。

初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)がメディアの取材に応じた。

長谷川にとっては東京オリンピックに続いて2度目のオリンピック出場となる。

「2度目ですが、1つの大会ごとにチームや準備は違うので、このチームで戦う大会ということで楽しみですし、W杯で伸び代も見えたので、凄く楽しみです」

前回のオリンピックはコロナ禍での開催。「コロナ禍で観客の方もほとんどいない状況だったので、オリンピックという感覚が味わえたかというとそこまででした」と、オリンピックの盛り上がりというもの体感はし切れなかったが、「特別な大会ではありますし、小さい頃から目指してきた舞台なので、思い切り楽しんでプレーできればと思います」と、2度目のオリンピックをしっかりと楽しみたいとした。

2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)から、多くの強豪国と対戦してきたなでしこジャパン。現在地について長谷川が語る。

「もちろん良いチームと戦えましたが、特にブラジル戦は自分たちが勝たなければいけない試合だったと思いますし、こういう戦いは本大会ではやってはいけないなというのと、アメリカでは、自分たちのビルドアップも含めて力のなさを感じました。なかなか修正できなかったところもありました」

「ニュージーランドとの試合では修正できた部分もありますが、親善試合から修正できた姿をオリンピックでは見せたいです」

成長しているところを見せたいという長谷川。オリンピックの初戦は、女子W杯王者のスペイン女子代表との試合となる。

W杯では4-0と大差をつけて勝利したが「W杯の時は運良く勝てたというのが正直なところです。見ている方達が思ったほど簡単な試合ではなかったです」と長谷川が振り返り、「それがもう一度できるかと言われると難しいので、ああいった試合にならないようにというのを入りで見せたいですし、あの試合では自分たちにカウンターというものがあるというのがわかったので、メンタル的にはどんな試合になっても対応できるような準備をしたいです」と、同じ試合にはならなくとも、勝利を目指して戦うとした。

第2戦はこの1年で3度対戦したブラジル女子代表。「第1戦の結果にもよりますが、第2戦は絶対に落とせない試合になります。日本がボールを持って戦える展開を作らないといけないですし、しっかり決め切るところは決め切って、危なげなく勝てる試合にしたいです」と、結果を残さなければいけない戦いになるとした。

そして第3戦はナイジェリア女子代表。13日には金沢でガーナと対戦し、チームはシミュレーションも行うはずだ。

長谷川は「最近はなかなかアフリカのチームと対戦していないので、特にナイジェリアは良い選手や早い選手がいます。W杯ではザンビア相手にしっかり対策して臨めたので、自分たちがそういう相手に対しての理想の形は持てているので、W杯から色々経験を積んできて、色々な国に対しての対策ができるようになっていると思います。チームとしてしっかり準備できていると思います」と、アフリカ勢の対策もしっかりできていると語った。

シーズンが終了しオフを経ての合宿。「しっかり体も心も休める時間が長く、その後にしっかり準備してきたので、この合宿には良い状態で臨めています。今日動いた感覚も良かったので、良い状態を保って準備していきたいと思います」と語り、しっかりと残りの期間で準備したいとした。

改めてオリンピックの目標については「チーム全員で一体感を持って応援されるチームになりたいですし、応援された上で結果を残せるチームになりたいです」とコメント。「自分自身はこういう大舞台を楽しんで、色々な人に自分のプレーを観てもらって、女子サッカーに興味を持ってもらったり、小さい子供たちがサッカーを始めるきっかけになれればと思います」と、意気込みを語った。