パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。

初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたMF長野風花(リバプール)がメディアの取材に応じた。

夕方からのトレーニングだったが、日差しが照り付け、気温も下がらない中でのトレーニング。「1vs1で頭がボーッとしましたが、もうちょっとこの暑さに慣れて、パリまでにはしっかり良いコンディションを持っていきたいと思います」と長野は意気込んだ。

苦しい中でも暑熱対策も行っているなでしこジャパン。「中2日で総力戦になると思うので、1人1人が出ても出なくても必ず良い準備をすることが鍵になると思います」と、パリ五輪本大会での重要なことを長野は口にする。

普段はリバプールで過ごしている長野だが「リバプールは長袖長ズボンで寒そうにしていて、パリはそんなに離れていないのでどうなのかなと。暑いという情報は入っていないです」と、現地はそれほどではないとのこと。「この暑さに慣れていれば大丈夫かなと思います」と、日本の暑さで体を慣らしていくとした。

1年前の女子ワールドカップ(W杯)では、10番を背負い中盤を支えた。「上手くいかない時は試合でたくさんありますが、試合の中で結構コミュニケーションをとって立て直せるようになっているなと思います」と、この1年でのチームとしての成長を長野は語る。

数名の入れ替えはあるものの、大枠は変更していないなでしこジャパン。「最終予選もずっとこのメンバーをやってきていて、お互いがお互いの良さをわかっていて、どのようなプレーで生きるかもわかっているので、仲良しとかではなく、1人1人が高め合いながら、みんながチームのためにプレーして良い方向に出ていけばと思います」と、チームとしてブラッシュアップしていける環境だと語った。

パリ五輪初戦は世界女王のスペイン女子代表。W杯では勝利した相手だが大事な初戦となる。

「まずはどの戦いも本当に厳しいですが、初戦は自分たちがしっかり準備してきたものを出して、勢いに乗れるような内容、結果を出すことが大事だと思います」

「個人としては悔いのない大会にしたいので、初戦から全てを出してチームの勝利に貢献したいです」

そのスペイン戦に向けての準備については「スペインは年代別から去年のW杯までことあるごとに対戦しているので、お互いが相手のことを分かりきった上での試合になります。難しいものになりますけど、動ける身体をしっかり作っていくことが大事です」と、コンディションをしっかり整え、やるべきことを出せるかどうかがポイントになるとした。

誰もが望むのはW杯でのスペイン戦。「あれはミラクルではないですが、自分たちが守ってカウンターというのは狙いでした。スペイン相手に2度目は絶対ないと思うので、スペインの隙を突いていきたいです」と、相手もしっかりと日本を研究しているはずだと警戒した。

また、「絶対に持たれる時間もありますし、我慢しなければいけない時間も絶対にあるので、焦らずに持たせているという感覚をみんなで持って試合を進めていければと思います」と、メンタル的に追い込まれないように保っておくことが大事だと語った。