パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。

初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたFW浜野まいか(チェルシー)がメディアの取材に応じた。

自身初のオリンピックに臨む浜野。選出された時の心境については「楽しみということしかなかったです」と語り、「初めてのオリンピックでしたし、W杯ではああいう思いしかなかったので、楽しみでした」と、何よりも楽しみという感情が出たという。

友人たちと共に発表を見守っていたという浜野。「めっちゃ喜んでくれました」と友人たちの反応について語り、「嬉しい気持ちで、体の力が抜けました」と自身にもホッとした感情があったという。「ちょっとだけ」と涙したことも明かした。

浜野は2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にも選出されたが、肩を負傷したことで満足行くプレーができなかった。

「まずロンドンで手術を受けて、この肩を治そうと。アジアの予選は出られなかったですけど、オリンピックに向けてですね」

「手術をしてからテストがあって、2カ月後ぐらいには、逆の手よりも強くなってしまって、逆の手をトレーニングしないといけないと言われてしまって。サッカーは使える筋肉にしないと意味がないので、チェルシーのフィジカルコーチの言葉を信じてやっていたという感じです」

肩を万全な状態にした結果、逆の手の方が弱くなってしまったというエピソードを語ってくれた浜野。あれから1年、FA女子スーパーリーグ(FAWSL)の強豪・チェルシーでプレーを続け、多くのものを得てきた。

「勝利のメンタリティというか、試合で勝たないと意味がないと思っています。意味はありますが、勝つことが全てだと思っているので、良いサッカーをして観客を魅了して、それでも勝つというなでしこらしさを出したいです」

勝利への飽くなき思いを語った浜野だが、オリンピックに懸ける思いは強いものがあった。

「中学1年生から東京オリンピックに出ることを目標にしていました」

「その時、おじいちゃんがガンで東京オリンピックに出るという思いでやっていて、サッカーノートにも東京オリンピックまであと何日何分何秒って書いていました」

3年前の東京オリンピック出場を夢みたが叶わず。それでも、パリの舞台に立つことはできる。

「観客を魅了して、感動を届けられるようなプレーをしたいと思います」と語った浜野。躍動し、そのスマイルで世界を笑顔にすることができるか注目だ。