パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンが8日、オリンピックに向けて始動した。

13日は、金沢でガーナ女子代表と対戦するなでしこ。メダル獲得に向けて準備していくなか、酷暑が襲っている。

初日は1時間半程度のトレーニングを実施。フィジカル的なものから、ボールを使ったミニゲームまで実施。選手たちは汗を流した。

初日のトレーニングを終えたDF清水梨紗(ウェストハム)がメディアの取材に応じた。

シーズンが終了してから時間が経っている中、「今回の初日に向けて動いてくるというのがチームからの提示でした」と、コンディションを上げてくるように伝えられていたという清水。「普通に練習できるようにとは言われていました」と、オフでありながらもコンディションは上げていたという。

この日は暑さもある中でのトレーニングとなったが、清水の声はよく出ていた。

「基本的にうるさいタイプではあるんですが、キツい練習こそみんなでやりたいので、意識しているというよりは、自分1人じゃないんだと言い聞かせているというか、励ましになる感じで、チーム全員でという思いが声につながっていると思います」

周りを鼓舞しつつ、自分も鼓舞しているという清水。年齢的にもチーム内では上の方になり、若干立場は変わったという。

「もう28歳になったので、自分自身だけのプレーではなく、他の選手についても気にかけていますし、言うところは言っているので、自分もしっかりやらないとという意識にはなっています。割と思っていることを伝えるようにしています」

自らの行動やパフォーマンスのためにも、周りにも厳しく言うことは言うという清水。その中で、パリ五輪に向けた初日については「13日までの試合まで時間はなくて、逆算してもこの初日にみんなが準備して来たことは伝わりましたし、自分もそこは意識していたので、良いスタートが切れたと思います」と、一定の手応えはあったようだ。

そのパリ五輪初戦では、世界女王のスペイン女子代表と対戦する。

「特に意識はしていないです」と、まだ意識は向いていないという清水。それでも「この練習もスペイン戦に繋がってくると思いますし、戦術どうこうではなく、コンディションだったり、自分自身のレベルアップだったりは繋がってくると思います」と、全てが五輪に繋がっていくものだと語った。