スマホやパソコンは私たちの生活に欠かせないものですが、使いすぎると目に大きな負担をかけてしまい、体の健康や元気な印象を損なうことも…。手放せないスマホだからこそ付き合い方を見直し、上手に対策を取り入れることが大切です。[監修:江東区森下 イシハラクリニック副院長 石原新菜医師]


若い世代に急増!「スマホ老眼」

 通勤中にニュースやSNSをチェック。職場ではパソコンとにらめっこ。家に帰ってからも、有益な情報を求めてスマホをひたすらスクロール…。1日の内で私たちが電子機器を使っている時間は、いったいどのくらいなのでしょうか。

 トレンド総研の調査によると、「1日のスマートフォンの利用時間」では平均は「3.3時間」という結果に。また、約3人に1人が「1日5時間以上」と回答しており、長時間利用の傾向が伺えます。さらにコロナ禍で普及したzoomミーティングや飲み会などの「オンライン化」は、便利で需要が増える一方、「スマホ酷使」を加速させている一因でもあります。

 そんなデジタル時代に急増化しているのが、20〜30代の若い世代を中心とした「スマホ老眼」です。その名の通り、スマホの使いすぎによって「手元が見えにくい」「夕方になると物が見づらい」などといった老眼に似た症状が見られます。


【あなたも『スマホ老眼』? 予備軍チェックリスト】

□     目が乾きやすかったり、ショボショボしたりする

□     目が疲れやすく、凝ったような感覚がある

□     夕方になると、目がかすみやすくなったり、ずっしりと重く感じるようになる

□     まぶたがピクピクと痙攣することがある

□     最近視力が落ちた、または視力が不安定である(同じものを見て、見える日と見えない日がある)

□     近くのものを見るときにピントが合わないことがある

□     スマートフォンの画面がかすんで見えづらいことがある

□     スマートフォンを連続で90分以上利用することがある

□     パソコンで仕事などをした後、気分転換でスマートフォンを利用することが多い

□     満員電車、布団の中、暗い場所などでスマートフォンをよく使っている


▼2個以上当てはまる方は『スマホ老眼』予備軍!

【0〜1個】 目の負担は少ないと言えます

【2〜4個】 現在の症状・習慣が続くと、『スマホ老眼』になる可能性が

【5〜7個】 目に負担がかかっています。早めに対策をする必要があります

【8〜10個】 目に対して大変負担をかけています。症状によっては眼科の受診をおすすめします

 

※「スマホ老眼」に関するレポート(トレンド総研調べ)