1993年スタートの道の駅、今では1,200近くも存在

 全国に続々と増える「道の駅」は、その数1,194ヵ所(2022年2月9日現在)

 しかし、日本最多の人口を誇る東京都には、道の駅はいまだ1ヵ所しかありません。北海道では127ヵ所もあり、ダントツのトップ。岐阜県が56ヵ所、長野県が52ヵ所、新潟県が42ヵ所と続きます。最小では、東京都の隣県である神奈川県も4ヵ所のみ。

 道の駅は、1991 年(平成3年)10 月から山口県、岐阜県、栃木県での社会実験を経て、1993年(平成5年)2月に国によって「道の駅」登録・案内制度が創設されたのが始まりです。同年4月、全国103の施設に「道の駅登録証」が付与されました。

 当初100あまり、30年近くで1,200近くまで増えた道の駅。なぜ東京都には1ヵ所しかないのでしょうか。道の駅の登録要件、また、近隣などにある道の駅の上手な使い方なども合わせて紹介します。


都内唯一「道の駅 八王子滝山」は車がなくても日帰り圏内
 東京都唯一の道の駅「道の駅 八王子滝山」は、2007年(平成19年)4月1日オープン。東京都八王子市滝山町の東京都道169号線沿いにあります。オープン当時、初代駅長に作家・芥川龍之介の孫である交通評論家の芥川麻実子さんが就任したことでも話題となりました。

 24時間使える無料の駐車場やトイレ、情報発信コーナーのほか、農産物直売所「ファーム滝山」が特に人気です。300年以上の歴史ある伝統の「江戸野菜」の一種である八王子野菜をはじめ、果物など東京ならではの旬の農産物が手に入ります。地元八王子の養鶏場で生まれた卵を使ったカステラ、畑で採れた新鮮なローズマリーやトウガラシなどをイタリア産エクストラバージョンオリーブオイルで漬け込んだ「太陽のオリ―ブ」などの人気商品も多々。

 その他、東京のブランド豚「東京X」のもつ煮など惣菜を販売する「はちまきや」、抹茶ドリンクやわらび餅などが美味しい和カフェ「滝山茶屋」、八王子の搾りたて牧場牛乳を使ったジェラートが絶品のミルクアイス「MO-MO」など。八王子の製麺所直送のそばやうどん、おひつご飯などを提供するフードコート「彩食庵」は子どもから大人まで楽しめるスポットです。

 東京都内にありながら、新鮮な食材を買い物したり食べたり存分に楽しめる場所です。高いビルに囲まれた都会の喧騒からしばし離れ、身も心もリフレッシュできます。都内からの日帰りトリップにもおすすめ。

道の駅 八王寺滝山には、中央自動車道八王子インターチェンジから車で約5分。また、車がなくてもアクセスでき、京王八王子駅とJR八王子駅からバス「ひよどり山トンネル経由戸吹行き」に乗って所要約20分、「道の駅八王子滝山入口」で下車し、徒歩3分です。